Conseils Options.com

2 Sep
2014

Trading Comparator fait partie des sites sur lesquels on peut suivre gratuitement une formation en bourse. Poussez votre curiosité et découvrez tout ce qu’il offre en ligne pour gagner de l’argent

Faites vos paris et vos investissements sur le forex en ligne. Même si vous n’avez jamais entendu parler de cela ou que vous ne soyez pas expérimentés, vous pouvez compter sur les experts en finance qui forme et informe en ligne sur Trading Comparator. Par leurs conseils au sujet de trader sur Trading Comparator.com, vous deviendrez des professionnels et des personnes qui auront la maitrise total du domaine de la bourse en ligne au sujet de trader en ligne sur TradingComparator.

    Pages à consulter :
  1. 小規模オフィスのレイアウトを決めるときの2つのポイント! : 働き方が多様化した現代社会において、起業して事務所を開設する方が多くなっています。 1人で起業する方は自宅でも仕事はできますが、数名の社員がいればオフィスを開設しますよね。 そこで、小規模オフィスはどのようなレイアウトがいいのか迷いませんか? 規模の大きなオフィスと比べて当然面積が狭いので、限られた広さのなかで効果的なレイアウトを考えていく必要があります。 ということで今回は、小規模オフィスのレイアウトを決めるときの2つのポイントを解説していきます。 1.小規模オフィスの魅力とは? 2.小規模オフィスのレイアウトを決めるときの2つのポイント 3.まとめ 1.小規模オフィスの魅力とは? SOHOという言葉を最近よくききますよね。 インターネット環境さえ整っていれば色々なビジネスができる時代なので、起業して小規模オフィスを構える人は増えています。 その小規模オフィスの魅力は、何といっても低価格で事務所が開設できることです。 大規模オフィスはオフィス用品を揃えるだけでも莫大な費用が必要になります。それが小規模オフィスなら、少数精鋭なのでオフィス用品にかける費用は当然少なくなりますよね。 また、次項のポイントでも説明しますが、オフィス内に配置するオフィス用品をオシャレなもので統一できるのも小規模オフィスの特権です。デザイン性が優れたオフィス用品は通常のオフィス用品よりも価格が高い傾向があるので、大規模オフィスでは予算がいくらあっても足りません。 基本的に小規模オフィスはスペースが狭いので、メリットはないと思っている方は少なくありませんが、大規模オフィスにはないメリットがあるのです。 2.小規模オフィスのレイアウトを決めるときの2つのポイント では実際に小規模オフィスのレイアウトを決めるときのポイントを説明していきます。 まず、小規模オフィスは限られたスペースの中でも業務効率は考慮しておくことが大切です。 ポイント➀ 必要なスペースやオフィス用品を洗い出す 小規模オフィスのレイアウトを決めるとき、実際に必要になるスペースやオフィス用品をリスト化していくことが重要です。 社員人数分のデスクやイスなどのオフィス用品はもちろん、その社員が仕事をする執務スペースだけでなく、打合せスペースやコピー機(複合機)を配置するスペースなど、まずはオフィス内で必要になるスペースやオフィス用品を洗い出していきましょう。 そこで、必要なものがリスト化できたら平面図などを利用してゾーニングしていきます。 ゾーニングは空間をテーマや用途に分ける考え方です。小規模オフィスはスペースが限られるため、細かい部分も含めてレイアウトをプランニングしていきましょう。 ポイント➁ オフィス用品を統一する 前項でも説明しましが、小規模オフィスは揃えるオフィス用品の数が少ないので、オシャレなもので統一するとオフィス全体がオシャレな空間になります。 その際、デスクや椅子、収納棚、打合せテーブル、応接セットなどのサイズ確認はしっかり行い、できるだけ省スペースで配置できるものを選ぶのもスペースを効果的に利用するためのコツです。 オフィスをオシャレな雰囲気にすることで、社員のやる気に繋がるほか、訪問している方も良い印象を持ってもらえるメリットがあります。 今では通販サイトでもオフィス用品が取り扱われており、比較的安く購入できるサイトも数多く存在しています。その通販サイトの中で『LOWYA』がおすすめです。 LOWYAは主にデザイナーズ家具やインテリア雑貨を取り扱っていますがオフィス用品・家具も数多く販売されています。製品がオシャレなのはもちろん、比較的価格が安いことで知られているので、一度覗いてみてはいかがでしょうか。 以上、小規模オフィスのレイアウトを決めるときのポイントを紹介しましたが、まずは必要なオフィス用品やスペースを洗い出すことが重要です。基本的に小規模オフィスはスペースが限られるので、本当に必要なものだけにして不必要と思われるものは除外していきましょう。 3.まとめ 小規模オフィスといえば「狭い」というイメージからメリットは何もないと思われがちですが、小規模オフィスならではのメリットがあります。何といっても少ない費用で開設できるほか、自分の思い通りのレイアウトができることです。 そのレイアウトを決めるときのポイントは、繰り返しになりますが必要なものやスペースをリスト化することが重要になります。それを元に業務効率を考慮しながらゾーニングしていけばほぼレイアウトは完成です。 あとはオシャレなオフィス用品・家具を統一して配置すればオフィス全体がオシャレな空間になり、社員のやる気も一気にUPするのではないでしょうか。
  2. 効率的なオフィスレイアウトにする3つのポイント! : オフィスレイアウトを考えるとき、オシャレなデザイン性はもちろん大切ですが作業効率も考慮しなければなりません。いくらデザイン性が優れていても、働きにくいレイアウトになってしまっては本末転倒ですよね。 「どうすれば効率的なオフィスレイアウトにすることができるのか?」 と、一言で「効率的」といっても中々イメージが湧かないですよね。 ということで今回は、効率的なオフィスレイアウトにするポイントを3つご紹介していきます。 1.押さえるべきオフィスレイアウトの基本 2.効率的なオフィスレイアウトにする3つのポイント 3.まとめ 1.押さえるべきオフィスレイアウトの基本 効率的なオフィスレイアウトを考えるにも基本はしっかり押さえておかなければなりません。 社員が仕事をする執務スペースにただデスクを並べれば良いという訳ではなく、オフィスの広さやニーズに合わせて配置しなければなりません。そのためには、オフィスレイアウトの基本となるデスクレイアウトの種類と基準寸法はしっかり理解しておくことが大切です。 デスクレイアウトの種類と基準寸法 基本となるデスクレイアウトは大きく以下の5種類があります。 対向式(島型)レイアウト 同向型(並列式)レイアウト 背面式レイアウト クラスター型レイアウト フリーアドレス式レイアウト また、オフィスレイアウトでは基準寸法を考慮しなければなりません。 基準寸法よりも狭くなれば業務効率が悪くなるので基準寸法を把握してレイアウトを考える必要があります。 標準的な人の寸法(肩幅)は45cm程度でこの人の肩幅の寸法が基準になります。 【標準/メイン動線】 v標準動線:1.2m メイン動線:1.6m 【着席時の奥行・デスクと壁の間】 着席時の奥行:45cm デスクと壁の間:1.5m 【デスクとデスクの間・デスクサイドとデスクサイドの間】 デスクとデスクの間:1.8m デスクサイドとデスクサイドの間:90cm 以上のデスクレイアウトや基準寸法がオフィスレイアウトの基本になるので、この基本はしっかり押さえて考えていく必要があります。 デスクレイアウトなどの詳しい説明は『オフィスレイアウトのコツ!基本を押さえて業務効率を考える!』の中で紹介しているので是非ご覧ください。 2.効率的なオフィスレイアウトにする3つのポイント 効率的なオフィスレイアウトとは、働く社員が働きやすいレイアウトです。 あとで詳しく説明しますが、一人ひとりの社員が効率的に仕事に集中できるスペースの確保や、他の部署やグループとのコミュニケーションの取りやすさも大切になります。また、コピーを取りに行くときや外出するときなど、移動のしやすさも考慮しなければなりません。 ここからは、社員が働きやすい効率的なオフィスレイアウトにする3つのポイントを解説していきます。 ポイント➀ 社員一人あたりの作業スペースを意識する オフィスレイアウトはゾーニング計画から始めます。 ゾーニングとは空間をテーマや用途に分ける考え方で、オフィスレイアウトでは執務スペースや会議室などの配置を計画することを意味しています。 そこで、社員一人あたりの作業スペースがしっかり確保できるようにゾーニング計画が効率的なオフィスレイアウトにする上で最も重要になります。 一般的に社員一人あたり作業スペースは「2坪(約6.6m2)」が最低限の広さと言われ、2坪よりも狭くなると作業効率が悪くなる可能性があります。つまり、執務スペースのゾーニングでは一人あたりの作業スペース「2坪」を意識してデスクレイアウトを考えなければならないということです。 デスクレイアウトの種類によっては作業スペースを2坪確保しなくても良いケースはありますが、基本は「一人2坪」を基準にしてゾーニング計画を進めていきましょう。 ポイント➁ 部署やグループの業務内容を考慮して配置を決める オフィスには色々な部署がありますよね。 そこで、➀で説明したゾーニング計画の中で部署の配置を決めるとき、部署ごとの業務内容を考慮して配置を決めることも大切です。 例えば、総務・経理は座ったままの仕事は多いですが来客対応などをしなければならないので受付に近いエリアに配置する。逆に外出することが多い営業や技術系の部署は席を空けることが多いのでフロアの奥の方に配置するなど、部署ごとの業務内容を考慮してゾーニングすることで効率的なオフィスレイアウトになるのではないでしょうか。 ポイント➂ 動きやすい動線を確保する 作業スペースの確保とともに効率的なオフィスレイアウトにするためには動きやすい動線の確保も重要になります。動線とは社員が移動する通路を指し、前項でご紹介して基準寸法(標準動線:1.2m、メイン動線:1.6m)に沿って確保する必要があります。 社員もずっと座りっぱなしで仕事をする訳ではなく、コピーを取るためにコピー機に移動するなど誰かは社内を移動しますよね。そこで、動きやすい動線が確保できていないと作業効率が悪くなってしまいます。 また、動線は緊急事態の避難経路としての役割もあるので、直線的な動線がベストです。 以上のように、効率的なオフィスレイアウトにするためには「ゾーニング計画」が重要だといえます。 社員一人ひとりの作業スペースや動線を確保しながら部署の業務内容に沿って配置すれば、おのずと効率的なオフィスレイアウトができるのではないでしょうか。 3.まとめ オフィスのレイアウトを考えるとき、誰でも効率的なオフィスレイアウトにするのが理想ですよね。 そのために重要なのは、デスクレイアウトの種類や基準寸法を理解したうえで作業効率がよくなるようなゾーニング計画です。 今回は3つのポイントとして紹介しましたが、作業スペースや動線の確保やフロア内の配置など作業効率がよくなるような計画が重要であり、このゾーニング計画がオフィスレイアウトを左右するといっても過言ではありません。
  3. オフィスレイアウトの変更手順と知っておきたいポイント! : オフィスのレイアウトは基本的にしばらくの間は最初のレイアウトのままですよね。 しかし、新年度になれば新入社員の入社や人事異動が行われるほか、新しい部署を立ち上げるなど、オフィスのレイアウトを変更しなければならないケースは多いものです。 その際、ただ机とイスを追加する会社は多いですが、オフィスのレイアウト変更の手順に沿って行うことで作業効率があがるようなオフィスレイアウトにできるのです。 ということで今回は基本的なオフィスレイアウトの変更手順とちょっとしたポイントをご紹介していきます。 1.まずは現在のレイアウトの問題点を洗い出して目的を決める 2.オフィスレイアウトを変更する手順とちょっとしたポイント 3.まとめ 1.まずは現在のレイアウトの問題点を洗い出して目的を決める オフィスのレイアウト変更する際は、まず現状のレイアウトの問題点を洗い出すことから始めましょう。 冒頭でも少しお話しましたが、新入社員の入社や人事異動など、オフィスは定期的に人が増えたり移動したりしますよね。このような人員の増員に伴ってオフィスが手狭になってきたというときは、どのスペースが無駄になっているかを考えます。 また、日常オフィス内で仕事をしているとき、 「作業スペースが狭い」 「他の人の目線が気になって仕事に集中できない」 「打合せスペースが足りない」 「書類や資料を保管するスペースが足りない」 など、現状のレイアウトで生じている問題点を洗い出していきます。 そして、現状のレイアウトで生じる問題点をどう解決していくのか、レイアウトを変更する目的を明確にすることが重要になります。ただ漠然とレイアウトを変更しても現状のレイアウトと変わらない可能性があります。 つまり、オフィスのレイアウトを変更する一番の目的は、今よりも働きやすい環境にするために行われるということです。 2.オフィスレイアウトを変更する手順とちょっとしたポイント レイアウトを変更する目的に明確になったら、実際に変更するレイアウトを考えていきます。 その手順をこれからご紹介していきます。 ➀レイアウトを変更する目的に沿った「ゾーニング計画」 ゾーニングは空間をテーマや用途に分けることを指し、オフィスレイアウトでは執務スペースや会議室、打合せスペースなどの配置を計画することを意味しています。そこで、変更する目的に合わせてデスクレイアウトを決めて、社員が移動する動線を確保しなければなりません。 デスクレイアウトはそのままデスクの並べ方を指し、大きく以下の5種類のタイプがあります。 対向式(島型)レイアウト 同向型(並列式)レイアウト 背面式レイアウト クラスター型レイアウト フリーアドレス式レイアウト また、デスクレイアウトを配置するときや動線を確保するときは「基準寸法」に沿ってゾーニングすることが重要になります。基準寸法よりも狭くなってしまうと作業効率が悪くなる可能性があるので注意しておきましょう。 一般的な人の肩幅の寸法約45cmを基準にしています。 【標準/メイン動線】 標準動線:1.2m メイン動線:1.6m 【着席時の奥行・デスクと壁の間】 着席時の奥行:45cm デスクと壁の間:1.5m 【デスクとデスクの間・デスクサイドとデスクサイドの間】 デスクとデスクの間:1.8m デスクサイドとデスクサイドの間:90cm 【一人あたりの作業スペース】 最低2坪(約6.6m2)~最大3坪(約10m2) 以上の基本となるデスクレイアウトと基準寸法をしっかり把握したうえで、問題点が解決できるようなゾーニング計画が重要になります。ゾーニング計画によってレイアウト変更が左右されるといっても過言ではないのでしっかり行いましょう。 デスクレイアウトに関しては『オフィスレイアウトのコツ!基本を押さえて業務効率を考える!』の中で詳しく説明しているので是非ご覧ください。 ➁オフィス用品の用意および廃棄(リサイクル) デスクレイアウトだけでなく、キャビネットや書類棚などのオフィス用品の配置もゾーニングで計画していきます。 そこで、デスクや椅子を増やしたり打合せスペースを増やしたりなど、足りないオフィス用品は当然手配しなければなりません。それとは逆に、まったく利用していないようなオフィス用品は使えないものは廃棄、再利用できそうなものはリサイクルに出しましょう。 オフィス用品を増やせばその分オフィス内は狭くなっていくので、2つを1つにするなどの工夫は必要になります。 ➂電話線やLANケーブルの配線を専門業者に依頼 レイアウト変更に伴ってデスクレイアウトの変更や配置が変われば電話線やLANケーブルの配線も変えなければならなくなります。 特に電話線に関しては素人では配線工事ができないので、導入当社の業者にレイアウト変更を予定している日に作業員の派遣を依頼しておく必要があります。その際、LANケーブルの配線も依頼できるなら合わせて依頼しましょう。 もちろん作業員の派遣費は必要になりますが、20,000円/人が目安になります ➃ゾーニング計画に沿ってレイアウトを変更する ゾーニング計画と必要なオフィス用品が揃ったら、実際にレイアウト変更作業にとりかかります。 その際、社員だけでできないようなら外部の専門業者に依頼して手伝ってもらいましょう。 手順は以下の通りです。 オフィス用品・事務機器の運び出し 電話線およびLANケーブルの配線 ゾーニング計画に沿ってオフィス用品を搬入 最後のオフィス用品を搬入する際のちょっとしたポイントとして、当たり前のことですが、まずはキャビネットなどの大きなオフィス用品から搬入して所定の位置に配置していきます。全て搬入したあとで大きなオフィス用品を移動するのは困難なので基本は大~小です。 以上でオフィスのレイアウト変更は完了です。 3.まとめ オフィスのレイアウトもずっとそのままという訳ではなく、問題点が生じてきたタイミングでレイアウト変更が必要になってきます。その際、問題点をどう解決するのかレイアウトを変更する目的を明確にすることが重要です。 そして、目的に沿ってご紹介した手順でレイアウト変更を進めていきます。 その手順の中でも、とにかくオフィスレイアウトではゾーニング計画が重要なので、レイアウトを変更する目的に沿ってしっかり計画しましょう。
  4. レイアウトのイメージが掴みやすい!オフィスコム株式会社の仕事 : 新規や移転などでオフィスのレイアウトをどうするべきか迷うことってありますよね。また、既存のオフィスのレイアウトを変更して環境変化を図りたい場合も迷うところです。 せっかく心機一転するのであれば、おしゃれで働きたくなるようなオフィスにしたいもの。そのような場合は「オフィスコム株式会社」に仕事を依頼するのはいかがでしょうか? この記事ではオフィスコム株式会社のサービスの基本や特徴についてご紹介します。 オフィスコム株式会社ってどんな会社? オフィスコム株式会社のサービスの特徴は? オフィスコム株式会社への連絡方法 まとめ 1.オフィスコム株式会社ってどんな会社? オフィスコム株式会社は、オフィス関連の幅広いサービスを提供している会社です。 ワンストップサービスをウリにしていて、オフィスのレイアウトや移転はもちろん内装工事や防犯、床工事や回線工事、タイルカーペットやオフィス家具の追加、複合機のリースや設置などオフィスに関連した多くの作業を引き受けています。 取引先企業には大手企業が多くあり、例えばドトールやTOYOTAレンタカー、パナソニックや三井不動産、TOSHIBAや日立、オムロンやH.I.S、ONKYOやTOKYU HANDS、ジャパンネット銀行などです。 年間施工実績はなんと2,400件!このような実績を見るとオフィスコムのノウハウやスキルには信頼が置けますね。また、三井不動産など建物系のプロが取引先に含まれているというのも、オフィスコム株式会社の信頼度を表していると言えるでしょう。 2.フィスコム株式会社のサービスの特徴は? オフィスコム株式会社には以下のような特徴があります。 オフィスレイアウトだけの相談が可能 オフィスコム株式会社にオフィス関連作業を依頼する場合、必ずしも大幅な施工を依頼する必要はなく、気軽に相談できるのが魅力です。 例えば、オフィスレイアウトを予算内で行えるように依頼することも。やはり会社としてはコストをできるだけ抑えたいのが本音なので、オフィスコム株式会社のように予算とサービスのバランスが取れているのは助かります。 ショールームでオフィスイメージを膨らませられる オフィスコム株式会社にはショールームが設置されています。東京に2つ、大阪に1つ、仙台に1つ、福岡に1つ、名古屋に1つあり、各ショールームでは様々なオフィス商品を見ることが。実際に商品を見て触って確認できるのです。 オフィス用品だけでなく他の商品に関しても言えることですが、カタログで見るのと実際に現物を見るのとでは違いますよね。ショールームで現物を見てイメージを膨らませられるのはそれだけでメリットです。 また、ショールームでは商品を見れるだけでなく、専門のオフィスコンシェルジュに色々と相談できます。レイアウトや導線づくり、内装、電話工事などについてプロに相談すればより詳しいイメージが浮かぶことでしょう。 事前に間取りが分かる平面図などを準備しておくと、オフィスコンシェルジュとより詳しいレイアウト設計の話まで進められ、ヒアリングや見積もりもショールームで作成可能です。 さらに、ショールームにはアウトレット商品も数多くあり、ここでは掘り出し物を見つけられる可能性もあります。まさに至れり尽くせりな空間なので、ショールームには積極的に通うのがおすすめです。 なお、オフィスコムの社員が実際に働いている現場を見学できる「ライブオフィスサービス(予約必要)」も開催されていて、空間イメージが体感できるのも魅力です。 仮想イメージ空間を3Dや2Dで無料提案 新規や移転後のオフィスのイメージは素人ではなかなかつかみづらいものですが、パース(イメージ画像)があるととても分かりやすいです。 オフィスコム株式会社では分かりやすい施工イメージを持ってもらえるように、3Dパースを無料制作しています。平面図だけでは分かりにくい部分、見えにくいアングルもサポートしたパースなので施工後に「イメージが全然違う・・」なんてことはまずありません。 カラーの具合や採光などに関しても簡単に修正できるのでかなり高性能です。 オフィス家具の低価格販売 オフィスコム株式会社ではオフィス家具の自社製造・販売を行っています。その為、オフィス家具を安価に手に入れることが可能です。 オフィスコム株式会社への連絡方法 オフィスコム株式会社にオフィスレイアウトの相談や問い合わせがある場合には、以下の電話番号やメールフォームから連絡できます。オフィスの専門家が待機していてどのような質問にも丁寧に答えてくれるので安心です。 TEL 東京・関東エリア 0120-535-121(平日9:30~17:30) 大阪・関西エリア 0120-535-929(平日9:30~17:30) 名古屋・中部エリア 0120-535-778(平日9:30~17:30) 福岡・九州エリア 0120-535-445(平日9:30~17:30) メールフォーム 4.まとめ オフィスコム株式会社はショールームや無料3Dパースなどのサービスを通して、オフィスレイアウトのイメージがクライアントにとって鮮明になるようにサポートしています。 その為、新しいオフィスを立ち上げる時、スムーズに業務を開始できるのです。 内装やデザインのプロでないと、オフィスのレイアウトのイメージはなかなかつかみにくいもの。ですから分かりやすくレイアウト案をまとめたい時には、オフィスコム株式会社に相談してみると良いでしょう。 オフィスコム株式会社
  5. オフィスレイアウトにおける「パーテーション」の活用法とは? : パーテーションはオフィスレイアウトで「間仕切り」のために使われるオフィス用品です。 しかし、現在ではパーテーションをただの間仕切りとしてだけでなく、色々な活用法があるのです。また、バーテーションにも種類があり、環境に合わせて設置することで色々な効果をもたらしてくれます。 今回は「パーテーションの種類や活用法を知りたい!」という方へ、パーテーションの種類、役割、活用法をご紹介していきます。 1.パーテーションの種類は理解しておこう! 2.効果的なパーテーションの活用法をご紹介 3.まとめ 1.パーテーションの種類は理解しておこう! パーテーションとは、オフィスなどの空間を仕切るために使われるオフィス用品です。 パーテーションは基本的に備え付けの壁ではなく、オフィスをゾーニング(空間をテーマや用途に分ける考え方)するときに自由に設置していきます。 パーテーションの種類 バーテーションと一言でいってもいくつかの種類があり、完全に独室した個室を作るのか、または目隠し程度に配置するのかによって選ぶパーテーションの種類が分かれます。ここでは、一般的なパーテーションの種類をご紹介します。 【ハイパーテーション】 パネルと枠組みが天井から床までまる間仕切りがハイパーテーションです。 固定式と可動式があり、天井から床まで壁で仕切れるので、社長室や会議室、役員室など独立した部屋を作るときに使われます。 【スチールパーテーション】 そのままスチール製の間仕切りです。 防火性、遮音性が高いですが、次に紹介するアルミパーテーションよりも価格は高くなります。 【アルミパーテーション】 アルミパーテーションはアルミの柱の間にパネルを1枚1枚はめ込んでいく間仕切りです。 重量が軽いので設置が容易で価格が安いのが大きな特徴ですが、遮音性がほとんどありません。 【ガラスパーテーション】 ガラスの間仕切りで、開放的な空間を演出するとともに空間を仕切ることができます。 デザイン性を重視したいときに利用されます。 【スライディングウォール】 収納できる可動式のパーテーションです。 パネルは自由に移動できるので、空間を仕切ったり開けて空間を繋げたりなど利便性が高いのが特徴です。 【ローパーテーション】 簡易的に設置する間仕切りのことで、自立式のものやキャスターが付いて移動できるタイプもあります。 また、間仕切りの高さの種類があるので利用用途は様々です。 パーテーションには大きく以上の6つのタイプがあり、設置する場所や利用ニーズに合わせてパーテーションが使い分けられます。 2.効果的なパーテーションの活用法をご紹介 パーテーションは「間仕切り」として使われるオフィス用品であり、一番の役割は独立した部屋を作ったりスペースを区切ったりできることです。この空間を区切る役割を保ちつつ、上手に使い分けることでオシャレでありながら機能的に働いてくれるのです。 ハイパーテーションやスチールパーテーションの活用法 「ハイパーテーション」や「スチールパーテーション」は遮音性が優れています。 重要なミーティングを行う会議室や社長室、役員室などで利用すれば話し声が外に漏れなくなるので、情報漏えいの防止にも一役買ってくれます。また、別売りのセキュリティロックを設置すれば防犯の効果もあります。 ローパーテーションの活用法 基本的にローパーテーションは目隠しの役割で設置されます。 打合せスペースや執務スペースの部署ごとの区切りとして適切な高さのローパーテーションを利用することで、視線を遮ることができます。視線が遮られるので、色々な打合せや自分の業務が集中してできるようになります。 アルミパーテーションやガラスパーテーションの活用法 「ガラスパーテーション」や様々な色の「アルミパーテーション」を組み合わせることで、オシャレな空間が演出できるようになります。 会議室やリフレッシュスペースにガラスバーテーションを利用すれば、開放的でありながらオシャレな雰囲気が演出できます。また、色々なデザインやカラーのアルミパーテーションを組み合わせることで、一気にオシャレオフィスに変貌するのです。 以上、一般的なパーテーションの活用法をご紹介しましたが、パーテーションはただ単に空間を区切るだけではなく空間をデザインするアイテムとしての役割も持ち合わせています。 ご紹介した6種類のパーテーションをオフィス内の適材適所に利用すれば、オシャレでありながら効果的なオフィスインテアリができるのではないでしょうか。 3.まとめ オフィスレイアウトで欠かせないオフィス用品の一つがパーテーションです。 基本はオフィスの空間を仕切るために使われます。 そのパーテーションにはタイプによって6種類あり、それぞれの特徴を活かして設置すればオシャレでありながら効果的な働きをしてくれます。 昔のパーテーションはただの間仕切りでしたが、今では様々なデザインや配色のパーテーションが販売されているので、オフィスをオシャレに彩るアイテムとして上手に活用していきましょう。
  6. オフィスレイアウトがタダでできる!オフィスレイアウト工房 : オフィスをどこかに移転したり新規で立てたりする場合、悩むのはレイアウトです。 オフィス家具をどのように配置するかによって、オフィスの導線や使いやすさは変わってくるだけに簡単には決められません。もしレイアウトに悩みを感じているのなら、「オフィスレイアウト工房」のサービスがおすすめです。 この記事では、オフィスレイアウト工房の基本的な特徴やメリットについて説明します。 オフィスレイアウト工房ってどんな会社? オフィスレイアウト工房の特徴は何? オフィスレイアウト工房への連絡方法 どうやってレイアウト提案してもらうの? まとめ 1.オフィスレイアウト工房ってどんな会社? 「オフィスレイアウト工房」は創業50年の株式会社MACオフィスが運営する、物件選定コンサルティングや原状回復工事、設計デザイン、内装・設備工事などを手掛ける会社です。 レイアウト作成実績13,000件を超えていて、あらゆる業種に応じた最適なレイアウトを期待できます。 取引先には多くの有名企業があり、例えば全日本空輸株式会社、近畿日本ツーリスト株式会社、大阪トヨタ自動車株式会社、NTTアドバンステクノロジ株式会社、株式会社WOWOWコミュニケーションズ、阪急航空株式会社、ナニワビルメンテナンス株式会社、東急リバブル株式会社などです。 オフィスレイアウト工房の大きな特徴としては、1人~15人くらいの小規模オフィスの開設・移転のレイアウトに特化していること。その為、小規模オフィスならではの問題について、独自のノウハウを蓄積しています。 日本の多くの会社は中小企業なだけに、15人までという小さなオフィスに特化しているのは魅力的です。 2.オフィスレイアウト工房の特徴は何? オフィスレイアウト工房には以下のような特徴もあげられます。 無料でオフィスレイアウト作成 無料でオフィスレイアウト作成サービスを行っています。 このサービスは、SOHOやベンチャーなどの起業家、小規模オフィスの事務所開設、オフィス移転を検討しているクライアント向けの無料オフィスレイアウト作成です。 対象エリアは東京・大阪(京阪神)と限られてはいるものの、何と言ってもコストをかけずにレイアウト提案をしてもらえるのでエリア内の方はぜひ試してみてください。 ちなみに、対象エリアは以下のページから確認できます。 対象エリア紹介ページ 詳細なレイアウト事例 公式サイトには詳しいレイアウト事例が数多く紹介されているのもポイントです。 3Dパースや写真とともに、事業内容、スタッフ数、広さ、予算、種別、ヒヤリング時の要望、レイアウトのポイントなど、1つ1つの事例に関して詳しく掲載されています。 人数別、広さ別、予算別で事例を検索できるので、自分のオフィスと似たような環境の事例を探しやすいです。 レイアウト事例ページ 小規模オフィスのレイアウトにも対応 上記のようなレイアウト作成は、2人のオフィス開設など非常に小規模なものであっても大丈夫です。人数制限がなく、それこそ個人事業主でも最大限にサービス活用できます。 3.オフィスレイアウト工房への連絡方法 オフィスレイアウト工房に相談や質問がある時は以下の連絡先から問い合わせできます。メールフォームは24時間体制で受け付けているので、「早めにレイアウト提案が欲しい」という方にはこちらがおすすめです。 TEL:0120-058-919(平日8:45~17:45) メールフォーム 4.どうやってレイアウト提案してもらうの? オフィスレイアウト工房でのレイアウト提案がどのように行われるか、実際のプロセスを見てみましょう。 STEP1 問い合わせ 以下の申込フォームにレイアウトを行いたいオフィスの広さ、スタッフの人数、プランの要望などを記入して送信します。 申込フォーム STEP2 専門スタッフからの電話 相談内容の確認を行い、スタッフの訪問日を決定します。 STEP3 ヒヤリング 訪問日には要望や条件のヒヤリングが行われます。デザインやインテリア、予算、企業戦略など具体的なイメージのすり合わせです。 STEP4 レイアウト提案 CGパースや平面図によってレイアウト実際に提案します。 STEP5 工事や商品の納品、アフターサービス 内装や設備、配線の工事をしたり、OA機器やオフィス家具の移設作業を行います。 5.まとめ オフィスレイアウト工房は、レイアウト提案をなんと無料で行うというサービスを展開しています。 オフィスのレイアウトは仕事のパフォーマンスややる気に直結することがあるだけに、機能的でおしゃれな空間をタダで教えてもらえるのは嬉しい限りです。 対応地域は東京・大阪と現時点でそれほど広くはありませんが、対象地域にオフィスがある方やこれから持つ方は積極的にオフィスレイアウト工房を使ってみてください。 オフィスレイアウト工房
  7. オフィスレイアウトのコツ!基本を押さえて業務効率を考える! : オフィスの開設するときや移転するとき、まずはオフィス内のデスク配置などレイアウトを考えますよね。 その際、何も考えずにデスクなどを配置していくと業務効率が悪いオフィスが出来上がってしまいます。 「オフィスのレイアウトのコツがあれば教えてほしい!」 と、何でもそうですがコツがあったら誰でも知っておきたいですよね。 その際、もちろん基本はしっかり押さえてレイアウトを考えなければなりません。 ということで今回は、オフィスレイアウトの基本とコツをご紹介していきます。 1.オフィスレイアウトの基本はしっかり押さえる! 2.オフィスレイアウトのコツ!ゾーニング計画が重要! 3.まとめ 1.オフィスレイアウトの基本はしっかり押さえる! オフィスのレイアウトを考えるとき、まずは社員が仕事をする執務スペースのデスクの配置を考えていきます。 その際、ただデスクを並べれば良いという訳ではなく、オフィスの広さやニーズに合わせて配置しなければなりません。 この項では、オフィスレイアウトの基本となるデスクレイアウトの種類と基準寸法を説明します。 デスクレイアウトの種類 基本となるデスクレイアウトは大きく5種類のパターンがあります。 【対向式(島型)レイアウト】 一般的なデスクレイアウトです。 部署やグループごとでデスクを向かい合わせて配置するタイプで「島型」とも呼ばれています。 同じ部署やグループで固まっているのでミュニケーションが取りやすく配置スペースも最小限で済みます。 【同向型(並列式)レイアウト】 学校の机のように同じ方向にデスクを配置するレイアウトです。 対向式とは違い、視線が同一方向になるためお互いの目線が気にならなくなります。 スペースの確保やコミュニケーションの面で採用できる業務が限られる方式で、銀行などの金融機関に多く見られるレイアウトです。 【背面式レイアウト】 島型と同じように部署やグループごとに配置しますが、対向式ではなく背を向くように(背面)デスクを配置するレイアウトです。 お互いの視線を気にすることがなくなるほか、動線が1本になるので設置スペースも最小限で済みます。 【クラスター型レイアウト】 デスクをパーテーションなどで囲み左右逆行させて並べるレイアウトです。 左右対向式レイアウトとも呼ばれ、欧米のオフィスでは一般的なレイアウト方式になります。 【フリーアドレス式レイアウト】 特定の席を設けずデスクと椅子だけ設置して、社員が自分の好きな場所で業務を行うレイアウトです。 社員が自由に席を選べるメリットはありますが、採用できる業種は限られます。 いずれかのデスクレイアウトを採用していきますが、部署やグループの業務内容によって使い分けていきます。 オフィスレイアウトの基準寸法 デスクレイアウトや社員が移動する動線をプランニングするとき、基準寸法を考慮しなければなれません。 基準寸法よりも余裕がある配置なら問題ないですが、狭くなれば業務効率が悪くなるので基準寸法を満たしたレイアウトを考える必要があります。 標準的な人の寸法は45cm程度ですが、この人の肩幅の寸法が基準になります。 【標準/メイン動線】 標準動線:1.2m メイン動線:1.6m 【着席時の奥行・デスクと壁の間】 着席時の奥行:45cm デスクと壁の間:1.5m 【デスクとデスクの間・デスクサイドとデスクサイドの間】 デスクとデスクの間:1.8m デスクサイドとデスクサイドの間:90cm 【一人あたりのオフィス面積】 以前は一人あたりのオフィス面積は3坪(≒10m2)でしたが、現在は約8.5m2が目安になっています。 デスクレイアウトを決めたらあとは基準寸法に沿ってプランニングしていきますが、そのコツは次項でご紹介します。 2.オフィスレイアウトのコツ!ゾーニング計画が重要! この項では実際にオフィスレイアウトをプランニングしていくコツを説明していきます。 その際、まずは前項で紹介したデスクレイアウトは決めておくことが先決です。 オフィスレイアウトは「ゾーニング計画」から始める! ゾーニングとは、空間をテーマや用途に分ける考え方です。 オフィスレイアウトに当てはめると、役員室や執務スペース、会議室、打合せスペースなどをオフィスに配置していくことです。このゾーニングの良し悪しがオフィスレイアウトを左右するといっても過言ではありません。 ゾーニングしていくコツは、オフィスの平面図と役員室や執務スペースなどのパーツを用意してベストな配置を考えていきます。その際、作業効率や空調の位置などを考慮することが大切です。 ゾーニングが決まったら動線を決める! ゾーニングが決まれば、社員が移動する動線を決める必要があります。 前項でご紹介した基準寸法(標準動線1.2m、メイン動線1.6m)に沿って余裕を持って動線を確保していきます。 特にメイン動線は非常時の避難経路としての役割も果たすのでシンブルな動線計画が理想です。 以上のゾーニングと動線が決まったら、あとは基準寸法に沿って実際にデスクレイアウトをしていくだけです。 オフィスレイアウトで最も重要なのはゾーニングなので、専門業者も含めてしっかりゾーニング計画を立てていきましょう。 3.まとめ オフィスレイアウトの基本とコツを説明しましたが、一番のコツはゾーニングをしっかり行うことです。 その際、ただゾーニングして机を配置すればいいという訳ではないので、デスクレイアウトの種類や基準寸法はしっかり理解しておくことが大切です。 オフィスレイアウトを決める上で業務効率が悪くなっては元も子もないので、ゾーニング計画は丁寧かつ慎重に行いましょう。
  8. 「執務スペース」のオフィスレイアウト事例紹介! : ほかの会社のオフィスレイアウトは気になりませんか? エントランスは普段見られますが、内部の社員が仕事をする「執務スペース」は余程のことがない限り見る機会はありません。 新たに事務所を開設するときや事務所を移転するときなど、ほかの会社のレイアウトを参考に良い部分は取り入れたいと思いますよね。 ということでこの記事では、オフィスの「執務スペース」に注目して様々なデザイン会社・建設会社の施工事例をご紹介していきます。なお、社名などの情報は掲載しないので、あくまで執務スペースのレイアウト事例としてご覧ください。 1.「執務スペース」のオフィスレイアウト事例紹介 2.まとめ 1.「執務スペース」のオフィスレイアウト事例紹介 新規で事務所を開設する、移転するといったとき、まずは新しいオフィスのレイアウトを考えていきますよね。基本的に専門のデザイン会社や建設会社に依頼しますが、依頼する側も意向はしっかり伝える必要があります。 特に社員が仕事をする「執務スペース」はただデスクを並べればそれでヨシではなく、業務効率がよくなるとともにオシャレな空間を演出することで社員のやる気にも繋がっていきます。とはいっても中々イメージできないですよね。 ということで、ここからは普段あまり見る機会がない他の会社の「執務スペース」のレイアウト事例をご紹介します。 今回レイアウト事例を参照されてもらったデザイン・内装工事会社は以下の3社です。 『株式会社ヴィス』 『株式会社フロンティアコンサルティング』 『株式会社オカムラ』 「執務スペース」のオフィスレイアウト事例紹介 それでは「執務スペース」を中心に特にオシャレで機能的なオフィスレイアウトの事例をご紹介していきます。 ☐自然にコミュニケーションが生まれるようなレイアウト (出典:㈱ヴィス) かなり奇抜なオフィスレイアウトですよね。 社内のコミュニケーションを更に活発にしたいという要望からINTERACTIVE PARKというコンセプトを導きだしたとのこと。8の字型の大きなテーブルやハイカウンター、正方形のデスク、ソファなど、仕事内容に合わせて働く場所を選ぶことができるようなレイアウトになっています。 ☐独自性を意識したデザインのレイアウト (出典:㈱ヴィス) 各フロアで「独立性」を意識してデザインしたとのこと。 空間がより広く見えるように会議室以外のパーテーションをなくし、壁面は白に統一してシンプルな印象を与えながら、床は木目や規則性のあるグリーンやブラウンのタイルカーペットを敷くことで空間に温かみを表現しています。 ☐居心地が良くコミュニケーションが活性化するレイアウト (出典:㈱フロンティアコンサルティング) 執務スペースは、固定席、フリーアドレス席ともに長時間いても居心地がよく集中することができ、部署を問わずコミュニケーションの活性化が期待できるようなレイアウトになっています。 また、リフレッシュスペースをオフィス中央に配置することで、業務のONとOFFの切り替えがスムーズにできるようになっています。 ☐社内コミュニケーションが活性化するレイアウト (出典:㈱フロンティアコンサルティング) 執務スペースとリフレッシュスペースをオープンにして緩やかに繋げることで見通しが良くなっています。 広々とした印象を与えるとともに、フリーアドレス式デスクレイアウトを採用することで社内コミュニケーションが活性化するレイアウトになっています。 ☐空間を広く魅せるレイアウト (出典:㈱オカムラ) パーテーションなどの間仕切りがないので広く見えますよね。 緩やかに縦と横に並べられたデスクレイアウトにあわせてタイルカーペットが貼られています。部署間の隔てがないのでコミュニケーションが活性化するのは言うまでもありません。 以上、執務スペースを中心にオフィスレイアウトの事例を紹介しましたが、いずれもオシャレな印象ですよね。 もちろんオシャレというだけでなく、空間を広く魅せながらコミュニケーションが活性化するような工夫が施されています。 オフィスレイアウトは会社によって当然異なりますが、ご紹介した通り執務スペースに関してはオープンなイメージが主流になっています。 2.まとめ ほかの会社の特に社員が仕事をする執務スペースは普段あまり見る機会はありませんよね。 今回はその執務スペースのレイアウト事例をご紹介しましたが参考になったでしょうか? 現在はオシャレな内装のオフィスが増えたことから、エントランスや会議室、ミーティングスペースだけでなく、執務スペースもオシャレで開放的なレイアウトが主流になっています。 今回は5つの事例の紹介だけでしたが、参考にさせてもらった3社のホームページには多くの施工事例が掲載されているので、参考にご覧になってはいかがですか。
  9. 株式会社フロンティアコンサルティングで低コストオフィス移転が可能! : 「企業戦略やブランディングをすすめるオフィスが欲しい」 「低コストでオフィスを移転したい」 上記のようなオフィスレイアウトに関する様々な要望を聞いてくれるのが、「株式会社フロンティアコンサルティング」です。 年々依頼が増加している人気の会社なので、この記事では株式会社フロンティアコンサルティングのサービスの内容を分かりやすく解説していきたいと思います。 株式会社フロンティアコンサルティングってどんな会社? 株式会社フロンティアコンサルティングの特徴は何? 株式会社フロンティアコンサルティングでの作業の流れ まとめ 1.株式会社フロンティアコンサルティングってどんな会社? 「株式会社フロンティアコンサルティング」はオフィスのデザインや事務所移転、内装工事、レイアウト設計のコンサルティングを手掛けている会社です。 また、オフィス家具やネットワーク整備、原状回復工事などの事業領域にも手を広げており、国内だけでなく国外にも支社展開しているほど。ワンストップソリューションサービスを提供しているので、複数の業者と取引することなくオフィスの移転やリニューアルができます。 これまでにPanasonic R&D center Vietnam Co., Ltdやサン電子、武蔵コーポレーション、ゼネラルリンク、トヨタアカウンティングサービス、サカタのタネ、中央地所、ツヴァイ、ダイワコーポレーションなど様々な企業と取引してきた実績があり、信頼感も高いです。 公式サイトでは写真や説明付きで施工事例を調べられるので、株式会社フロンティアコンサルティングに依頼する前に確認しておくといいでしょう。 2.株式会社フロンティアコンサルティングの特徴は何? 株式会社フロンティアコンサルティングには以下のような特徴があります。 オフィス移転が一括管理 オフィスの移転をする場合には手間とコストが大きくかかるものです。移転を担当する社員は時間もエネルギーも、さらにお金も大量に消費するのでストレスがたまってしまいます。 その点、株式会社フロンティアコンサルティングでは関係する全ての作業を自社だけで完結しているため、無駄なコストがかかりません。買い物をショッピングモールでまとめてしているようなイメージです。 このようなシンプルさから、株式会社フロンティアコンサルティングの年間売り上げの半分以上はリピーターであるほど。新規問い合わせでよくあるコンペ(競合)で選出される確率は70%と高水準です。 オフィスレイアウトのプロが賃貸オフィス探しを担当 株式会社フロンティアコンサルティングのオフィス仲介をしている事業部には建築の知識を持ったスタッフがいます。 もとはオフィスの内装やデザインでスタートした会社ですが、建築に詳しいゆえに賃貸オフィスの紹介にもノウハウが集まるのです。消防法や建築基準法など様々な知識がないと、コスト削減につながるアイディアは生まれないのでしょう。 その為、株式会社フロンティアコンサルティングに依頼すると希望のオフィス環境が最低限の予算で通りやすくなります。スタッフの人数だけでなく、坪数、金額、エリア、働く姿まで考えて物件を選んでくれるので安心です。 居抜きオフィスでコスト大幅削減可能 株式会社フロンティアコンサルティングでは最近話題の居抜き物件にも対応しています。居抜き物件とは、設備や内装などをそのまま残してある物件または一部残してある物件のことです。 例えば、オフィスの内装や家具をそのままにしてあって、次に入る会社がすぐにでも使えるようになっているところなど。居抜き物件が注目されているのは原状回復工事費や内装工事費がかからないか、安く抑えられるためです。 一度オフィス内を「更地」にするのではなく現状キープしているので、無駄な作業がありません。入居や退去コストが3分の1や4分の1になることもあり、「とにかく移転コストを下げたい」という方には非常に便利です。 3.株式会社フロンティアコンサルティングでの作業の流れ 株式会社フロンティアコンサルティングでは電話や問い合わせフォームから質問や相談が可能です。 問い合わせフォーム Tel: 東京:0120-955-379 横浜:050-5225-0201 名古屋:050-5225-0202 大阪:050-5225-0203 福岡:050-5225-0204 4.まとめ 株式会社フロンティアコンサルティングはオフィス環境を機能性、デザイン性を意識した提案力が魅力です。 国内外を問わず、様々なオフィス環境に関する様々なサービスを提供しているので安心して任せることが。とくに低コストでオフィス移転を実現する仕組みも持っているので、予算の限られているときにはおすすめです。 ぜひ、オフィスを新設、移設するときには株式会社フロンティアコンサルティングを検討してみてください。 株式会社フロンティアコンサルティング
  10. 無料ソフトでオフィスレイアウトのイメージを膨らませよう! : オフィスのレイアウトを決めるとき、頭の中でイメージできても形にするのは難しいですよね。 そんなとき利用したいのが、オフィスレイアウトができる無料ソフトです。 通常オフィスレイアウトは専門業者に委託しますよね。 そこで、その前に無料ソフトを活用して自分たちの意見をまとめたアイデアを形にしておくことで専門業者に完成イメージが伝わりやすくなります。 でも、「どんな無料ソフトがあるの?」と、肝心の無料ソフトが分からないと使えませんよね。 ということで今回は、オフィスレイアウトができる無料ソフトを使うときのポイントと合わせておすすめの無料ソフトを2つご紹介します。 1.オフィスレイアウトの無料ソフトを利用するメリットと選ぶときのポイント 2.おすすめオフィスレイアウト無料ソフト2選! 3.まとめ 1.オフィスレイアウトの無料ソフトを利用するメリットと選ぶときのポイント オフィスの新たに開設するときや移転するときなど、まずはオフィスのレイアウトを考えますよね。 小規模オフィスならスペースが限られるので自分たちでもレイアウトは考えられますが、規模が大きくなればプロの専門業者に委託する必要があります。 そこで、専門業者に委託する前に無料ソフトを利用して自分たちのアイデアをある程度形にしておきます。 そうすれば、専門業者にレイアウトのイメージが伝わりやすくなります。それが無料ソフトを活用する一番のメリットです。 何でもそうですが言葉で説明したり手書きでイメージを表現したりしても、中々相手にはイメージが伝わらないですよね。 オフィスレイアウトの無料ソフトを選ぶときのポイント オフィスレイアウトに使える無料ソフトはインターネット上から配信され、今では多くの無料ソフトが配信されています。基本的に「家の間取り」を決めるために開発されたソフトは多いですが、もちろんオフィスレイアウトにも活用できます。 通常、オフィスレイアウトは専門業者のCADソフトで図面として作成していきますが、オフィスレイアウトのイメージをまとめるために無料ソフトが活用されます。つまり、あくまで”簡易的”にイメージをまとめるときに使われるソフトということです。 その無料ソフトを選ぶときも以下のポイントは意識しておきましょう。 【レイアウト作成ソフトを選ぶポイント】 操作性がいい(操作が簡単) テンプレートやパーツが多い 3D表示機能がある(立体的に表現できるか) 無料ソフトは簡易的なイメージを作るためのソフトなので操作は簡単な方がいいですよね。 有料版でも操作が難しいと使うのが億劫になってしまいます。 また、レイアウト作成ソフトには基本的なテンプレートや家具などのパーツが用意されていますが、できるだけパーツの種類が豊富なソフトを選びましょう。その他にも、平面だけでなく立体的にレイアウトが表現できる3D表示機能が備わったソフトを選べば、より具体的にオフィスのイメージが掴みやすくなります。 無料ソフトに限らず有料版のソフトを選ぶときでも以上のポイントは意識しておきましょう。 2.おすすめオフィスレイアウト無料ソフト2選! それでは実際にオフィスレイアウトで活用できる無料ソフトを紹介していきます。 前項で説明した選ぶときの3つのポイントが備わったおすすめの無料ソフトを2つご紹介します。 おすすめ➀ せっけい倶楽部 (出典:『せっけい倶楽部』) せっけい倶楽部は、パソコン専用の住宅の間取り設計ソフトですが、平面図の作成だけであればオフィスレイアウトにも対応できます。 約400種類のパーツが用意され、マウスの操作だけでパーツを組み合わせてレイアウトが作成できるのです。レイアウトがある程度決まったら、3D表示ができるので立体的なイメージが把握できます。 画像にもある通り、無料でダウンロードできるので簡易的なオフィスレイアウトを作成するときに最適なソフトです。 おすすめ➁ Cacoo(カクー) (出典:『Cacoo』) Cacooは、パソコンにソフトをダウンロードしなくてもオフィスレイアウトができるサービスです。 基本は有料版の利用になりますが、お試し画面なら無料でレイアウトが作成できます。 オフィスレイアウトで必要なデスクなどのパーツが豊富に用意されており、マウス操作でレイアウト作成ができるので、簡易的な基本レイアウトをイメージしていくときに便利なサービスです。 以上、無料でつかえるオフィスレイアウトのソフトを2つご紹介しました。 他にもオフィスレイアウトができるソフトはありますが有料版が多く、操作が難しいのでおすすめとはいえません。 あくまで簡易的にレイアウトのイメージをまとめるときに使うソフトなので、無料でダウンロードできるうえにバーツの種類が豊富で3D表示も可能な「せっけい倶楽部」が一番使いやすくて実用的だと思います。 3.まとめ オフィスレイアウトを決めるとき、まずは無料ソフトを活用してイメージをまとめてみましょう。 専門業者に委託する前に無料ソフトを利用して自分たちのアイデアをある程度まとめておけば、専門業者にイルージが伝わりやすくなる効果があります。あくまで簡易的なイルージですが、言葉で説明するよりも断然イメージが伝えやすくなりますよね。 その無料ソウトでおすすめなのが「せっけい倶楽部」です。 基本は無料でダウンロードできるので、オフィスレイアウトを決めるときだけでなくレイアウト変更のときでも役立つのではないでしょうか。
Ecrire une réponse ou un commentaire

top